2007年11月20日

滋賀大学史上初のプロ野球選手


硬式野球部の関口雄大外野手(経済学部4回生)が、11月19日のプロ野球の育成ドラフト会議で横浜ベイスターズから指名を受けました。

ドラフト制度の国立大学出身野手の入団は4人目で、滋賀大学からは初めてのプロ入りです。

滋賀大では1年秋からベンチ入りし、今春は京滋大学野球リーグ2部で打率5割3分5厘、5本塁打、17打点で最優秀選手、首位打者、ベストナインを獲得。リーグ戦後に退部し、滋賀大に在籍したまま、8月には米カリフォルニアでのサマーリーグでプレーし、プロ入りを目指してきました。

177センチ、85キロ、遠投120m、俊足50m走5秒54のずば抜けた身体能力。
加えて不敵な面魂!

将来を期待せずにはいられません。
プロでの夢「ホームランを打ちたい」の実現を応援します。

http://www.shiga-u.ac.jp/main.cgi?c=topics:560&r=0
http://draft-de.jugem.jp/?eid=930
http://wakabayashi0509.blog.drecom.jp/archive/579
http://www.athlete-brand.com/voice/sekiguchi.html?vp
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=19380
posted by オケ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7359460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック