2007年11月12日

湖東焼の絵付体験


ご報告が遅れましたが、10月27日に彦根に行ってきました。

県民講座「近江ものづくり・・幻の名窯:湖東焼の歴史」「滋賀大学キャンパスパビリオン士魂商才館」については既に報告があったと思いますので、写真を(11/11)士魂商才館を見学に掲載するだけにし、今回は、環びわ湖大学コンソーシアムの県民講座「近江ものづくり・・幻の名窯:湖東焼の歴史」を受講しましたのでご報告します。

講座は彦根駅の近くの料亭「やす井」の前の「琵湖音湖東(ひこねことう)体験道場」で43名の受講生を集めて開かれました。

滋賀大学が県民講座の担当をしていますので力石理事が開講の挨拶され、湖東焼の陶芸家、中川一志郎氏により幻の名窯「湖東焼」の歴史についての講義の後に絵付体験があった。
県民講座「近江ものづくり・・幻の名窯:湖東焼の歴史」

参加者は、湯呑に「彦根城」と「ひこにゃん」を色絵で描く絵付体験に大いに満足の様子でした。11月初旬に絵付焼成された湯呑が送られてきました。つたない絵ですが毎日お茶を飲んでおります。
ひこにゃんの絵付け体験

「環びわ湖大学コンソーシアム」とは、琵琶湖のほとりに立地する13の大学・短期大学が互いに協力して魅力を高めることで滋賀県に新たな活力を生み出そうと設立された組織で、本年は「大学連携単位互換制度 」「びわ湖学生フェスティバル」「県民向け公開講座」のほか「びわ湖船上シンポジウム」「産学官の連携」など新たな取り組みを進めています。詳細については滋賀大学ホームページのメニューの下から2番目にあるリンク集の中の環びわ湖大学コンソーシアムのホームページをご覧ください。

環びわ湖大学コンソーシアム-イベント情報-
環びわ湖大学コンソーシアム
滋賀大学

07.10.27 吉野祐次郎(大13)

posted by オケ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖東焼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6717345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック