2007年05月21日

築城400年祭作陶展


嘉田由紀子滋賀県知事から頂いた滋賀県伝統工芸品の指定書5月12日(土)安清町の料亭旅館「やす井」の前にある「湖東焼体験道場」で第3回彦根陶芸展が開催され、同時に湖東焼・晒屋窯の初窯で焼成した作品400点を展示した築城400年祭作陶展が開催されました。

3月には、陶芸家・中川一志郎さんが当時の手法や彦根の水と粘土を使用して制作した「再興湖東焼」が滋賀県の「伝統工芸品」の指定を受けました。

我々の学生時代には、彦根の産業は「彦根仏壇」「バルブ」「ブラジャ」ーの3Bでしたが、このように新たに「再興湖東焼」が伝統工芸品の指定を受けたことは、彦根にとって快挙であるといってよいと思います。

興味のある方は、キャッスルロードの入り口から50mくらい行った左側にある一志郎窯「夢京橋店」または新しくできた四番町スクエアにある四番町ダイニングギャラリーを訪れてみてはいかがでしょうか。

今回は、展覧会などの様子を写真でご紹介させていただきます。
(写真をクリックすると大きな写真をご覧いただけます)
5月12・13日に開催された第3回彦根陶芸展湖東焼・晒屋窯の初窯で焼成した作品
再興湖東焼の陶芸家 中川一志郎さん再興湖東焼の大皿(中心が彦根城で回りが近江八景)


07.05.12 吉野祐次郎(大13)
posted by オケ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖東焼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4063398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック